Yナンバーの車に遭遇したらより一層注意して運転するべし

沖縄県は電車がないために、自動車の運転免許を持っているのであれば、当然のことのように通勤で使用される可能性が高いです。ただ、沖縄本島で運転をする場合はYナンバーを付けた車に注意をしたほうがいいと言われることが多いでしょう。今回はYナンバーの車に遭遇した時になぜ注意した方がいいのかという理由について解説いたします。

Yナンバーとはどんな車か?

本州では米軍基地がある横須賀などでは見ることがあるかもしれませんが、その他の地域ではなかなか見ることがありません。沖縄には米軍基地がありますのでYナンバーの車について見ることがあるかもしれません。Yナンバーとは在日米軍関係者が日本国内で購入し、私有車に装着されるナンバープレートです。在日米軍関係者の同じようなナンバーとしてAナンバーやEナンバーもあります。

どちらのナンバーにしてもやはり遭遇をした時には注意して運転をしたほうがいいという意味では同様です。ただ、目にする機会が多いナンバーとしてはYナンバーのほうが多いです。

どのあたりに多いのか?

Yナンバー車はどの地域に多いのかというと、米軍基地がある地域に多いです。米軍基地がある地域というと沖縄本島の中部に多く位置していますので、このあたりを通行するのであれば見る可能性は高いと言えます。

なぜ注意しないといけないのか?

Yナンバーになぜ注意しないといけないのかというと、運転が荒くてものすごく飛ばす傾向にあるからです。万が一レンタカーに乗っていてYナンバー車と衝突するということになると、日本の警察だけでなく米軍警察も間に入ることになるので、保険処理に時間がかかりますし、もしかすると思うような解決が図れないこともあるわけです。

Yナンバー車が走っていれば譲るのがいい

Yナンバー車とレンタカーが事故を起こした場合には、米軍警察が入ってくるのでより一層時間がかかるという傾向があります。そうであれば、Yナンバー車と関わらないのが一番よく、もし走っているのを見たならば、譲ってしまうのがベストです。