野生動物をはねることが無いようにしたい

沖縄本島の北部や離島では天然記念物を含む動物たちが生息しているわけですが、本土では全く見ることが無いような動物注意の標識を見ることがあります。特に西表島のイリオモテヤマネコが車に轢かれるということも往々にしてあるそうです。できることであれば野生動物をはねるようなことは無いようにしたいものです。

野生動物との接触事故に注意する

沖縄本島の中部や南部ではそれほど動物をはねるというような被害は少ないですが、北部や離島では動物注意という看板があるほどですので、道路に野生動物が突如として出てくるということもあるみたいです。普段であれば動物園でしか見ることが無いような野生動物が、身近なところで見ることができるというのはいいことではありますが、間違えてはねてしまうとなるとかわいそうだなという風に思うのではないでしょうか。

野生動物をはねても罪に問われることは無い

仮に動物たちをはねてしまったとしても、人間とは違って罪に問われることはありませんので、そこのところは安心してください。安心してくださいとは言っても天然記念物に指定している動物をはねてしまうというのはあまりいいことではありませんので、動物周囲という標識があるところでは特に注意してください、

周囲を見回しながら運転をする

きちんと周りを見回しながら運転をすれば基本的には大丈夫です。楽しい旅行ですので同乗者とおしゃべりをしたり、美しい風景に見とれてしまったりするということがあるかもしれませんが、楽しい旅行のまま帰宅したいものですので、運転している時には運転に集中しましょう。動物の影が見えてきたら少し減速して様子を見ながら運転をするといいでしょう。

野生動物をはねないようにしたい

沖縄本島の北部や離島ではいい意味で自然が残されている地域で、その中で天然記念物を含む野生動物が生息しています。その中で野生動物との接触事故には注意をするようにしてください。生き物を殺してしまうのは後味が悪いですので、周りを見回しながら運転しましょう。