レンタカーを借りる時には免責補償制度に加入しよう

沖縄を観光するのであればレンタカーを借りる人が多いのではないでしょうか。しかし、沖縄の道路事情を知らずに運転してしまって交通事故を起こしてしまったというケースがあるのではないでしょうか。場合によっては相手に対する補償だけでなく、レンタカーに対する補償についてもする必要があります。レンタカーの補償に備えて免責補償制度に加入するのもいいのではないでしょうか。

免責補償制度とはどういう制度か?

免責補償制度とは借りる時に1日につき1,000円から1,500円程度を支払うことによって、事故の際の負担分となる免責額を補償するという制度です。レンタカーで事故を起こしてしまうと、会社の持ち物であるレンタカーについても補償しないといけないわけですので、知らないところで運転をするのであればぜひとも加入してみるといいでしょう。自分は事故を起こさないだろうと思っていても、人から事故をもらうということもありますので、念のために加入しておくべきです。

休業補償は免責補償に含まれない

レンタカーを使って事故が起きた場合には、免責補償制度に入ることで利用者の負担がなくなるわけですが、免責補償に含まれないケースとしてレンタカー会社の休業補償(ノンオペレーションチャージ)があります。事故が起きたら車両の修理や清掃が別途必要になった場合に、その期間中は休業することになるので、休業補償の一つとして負担する必要があります。

何とか営業所に戻ってきた場合は2万円、営業所に戻ってこれなかった場合は5万円の負担が生じます。最近は、休業補償の支払いが免除される制度もありますので、レンタカー会社に相談してみてください。

事故を起こしたときの備えは必要

沖縄を観光してレンタカーを借りては見たが、事故を起こしたというと目も当てられなくなります。レンタカーを借りる際の80%ぐらいの人はこの免責補償制度に加入しているということですので、何らかの備えとして活用するのがいいでしょう。