那覇市街地はどうしても渋滞しがちなので、心に余裕を持つべき

沖縄本島は那覇市街地にモノレールがありますが、基本的には車移動をしている人が多いです。免許を取れる年齢になったらそれを取って車ないしバイクに乗るという人が一般的で、1家に1台ということではなく1人1台持っているのが当たり前になっています。観光かなんかで沖縄に行くと意外と渋滞しているなあということに気づくのではないでしょうか。

渋滞は全国ワースト5に入るほどのレベル

沖縄は電車が無くせいぜいモノレールがある程度で、本島全域で言えばバスぐらいしか公共交通機関が整備されていないです。そのため、皆が通勤通学で車を使用するのはむしろ当然のことです。そのため、朝の7時から9時までの通勤通学時間帯と夕方の17時から19時までの帰宅時間帯に関してはどうしても渋滞します。特に那覇市周辺の国道58号や国道330号に関してはそういう傾向があります。

那覇市周辺の朝夕通勤時間帯の平均速度は1時間に15キロというように、東京や大阪などの大都市にも匹敵するくらいの混雑状況になっていますので、レンタカーを使って観光をするということであれば、そういう時間帯に渋滞スポットに立ち入らないことを心掛けましょう。

時間に余裕をもって移動しよう

沖縄は車大国ということもあって渋滞するのが当たり前という意識で居た方がいいでしょう。那覇市街地に車で行くなら時間に余裕をもって移動することをおすすめします。レンタカーの返却や那覇空港への移動に間に合わないと言って焦るのは馬鹿らしいですので、渋滞することを計算しながら早めに移動しましょう。夏休みのハイシーズンになるともっと観光などでレンタカーが増えることが予想されますので、渋滞にあっても時間にゆとりを持つべきです。

渋滞を想定しながらゆとりをもって移動する

沖縄本島において車が無いと生活できないというくらいに、車が大変多くなっています。観光客がレンタカーを使用するとなおさら渋滞する恐れがありますので、時間に余裕を持ったうえで移動するようにしましょう。