いろいろなタイプのドライバーがいるので車間距離を空けて運転する

沖縄でレンタカーを借りて運転をする場合にはいろいろなドライバーがいるなあということに気づかされるのではないでしょうか。中には危険だなというようなドライバーもいますので、車間距離を空けて運転をした方が何かと対処しやすいです。

進路変更にウインカーを出さない人がいる

沖縄の地元の住民というのは本土と違ってウインカーを出さないで進路変更をすることがあります。交差点や駐車場に入る時に全くウインカーを出さないというようなドライバーが現地の人は多い傾向があります。出すのが遅いというレベルではなく、出さないということなのでしょう。そういう車に遭遇したら危ないですので、なるべく車間距離を空けてそういう人たちに備えるのがいいでしょう。

いろいろなドライバーが混在している

沖縄ほどいろいろなドライバーが混在しているところは無いと言ってもいいくらいです。まず挙げられるのが沖縄に住んでいる人で、この人たちは制限速度よりもゆっくりと走るか、ガンガン飛ばしていくタイプに分かれていきます。特に高齢者はゆっくりと運転する傾向にあり、ウインカーを出さない人も多いです。

続いて、わナンバーのレンタカーに乗っている観光客です。沖縄の道には詳しくないのでその交通事情に戸惑うというケースもあるでしょう。その中には外国人観光客も混在していて、日本人の常識ではありえないような侵入の仕方をする人もいます。日本と交通ルールが違うのでやむを得ないところがありますが、やはり危ないので注意した方がいいです。

沖縄本島の中部や北部にはYナンバーを付けた米軍関係者が日本車でドライブをしているというケースもあります。こういう人たちの車は大きなものが多いですし、ガンガン飛ばす傾向にあります。

車間距離を空けて運転する

沖縄でレンタカーを借りて運転をする時には、いろいろなドライバーがいて危ないと思うシーンを垣間見ることになるでしょう。それでも事故にならないためにも、車間距離を空けて運転をしたほうがいいでしょう。