雨の日は思った以上に路面が滑りやすいので注意する

雨の日に車の運転をするというのは見通しが良くないですので、なかなか運転しにくいということがあるでしょう。おまけに道路が滑りやすくなりますので、より一層気を付けて運転をする必要があるでしょう。本土で車を運転していてもそういう風に思うわけですので、沖縄で運転をする時にはなおさらいつもの感覚とは違います。そのため、沖縄では特に道路が滑りやすくなりますので注意をしないといけません。

沖縄は本土に比べて道路が滑りやすい

沖縄でなぜ雨の日に滑りやすくなっているのかというと、道路舗装において石灰岩が多く含まれているからです。雨の日に本土と同様の感覚で運転をしていると場合によっては横滑り防止装置が作動するということにもなりかねませんので、より引き締めて運転をしていく必要があります。カーブの手前では減速をしっかりとすることです。

全ての道路で石灰岩が含まれているというわけではありませんが、石灰岩が含まれている道路の色味は少なくとも色が濃くなく、薄いです。田舎道になればなるほどそういう道路の仕様になっていますので注意をしましょう。

本土と同じ仕様だと都合が悪い

こんなに滑りやすいのであれば、本土で使われている仕様にすればいいのではないかと思うわけですが、それだと道路が変形してしまうからです。本土では石灰ではなく砂や砂利を混ぜることで滑りにくくしているわけですが、沖縄の夏の日差しが強いですし海岸の砂が道路に吹き上げるということもあって、アスファルトが変形しやすく塩害によってより劣化しやすくなります。

さらに、本土と同じ仕様にするためにはアスファルトを入荷しないといけないわけですが、それにお金がかかるのでなかなかできないという事情があります。

道路が滑りやすいので注意する

沖縄で雨の日にレンタカーを借りて運転をする場合には、本土で運転をしている時以上に気を引き締めて運転をすることが求められます。沖縄は道路が滑りやすいですので、事故にならないように気を付けて運転してください。